ビル

原状復帰を行なって安全な環境を実現~サクサク復帰術~

強固な舗装

男性作業員

アスファルト舗装のメリット

アスファルト舗装は、砂利などの骨材をアスファルトを利用した充填剤で一体化して表面を平らにするものです。一般にもっとも強固な舗装としては鉄筋コンクリートによるものですが施工に時間が掛かり、費用も高いため日本では一部の道路を除けば普及していません。一方で、単に砂利を敷き詰めたものもありますが、この場合には耐久性がなく交通量の多い道路では役に立ちません。アスファルト舗装は、これらの中間に位置し施工時間が短く比較的安価に道路を舗装することができるメリットがあります。一方でアスファルトのデメリットとしては、地熱が上がりやすく耐久性が高いとはいえ、交通量の多い場所では、5年から10年程度で補修をしなければいけないといったものがあります。

施工するための単価について

アスファルト舗装が、世界の多くで採用されている理由は、その施工に必要な時間と補修のしやすさです。アスファルト舗装であれば、敷き詰め転圧したすぐあとにも利用することが可能で、コンクリートなどと異なり硬化のための時間がほとんど必要ありません。また補修もアスファルト舗装の場合には切断し引き剥がすことが比較的容易で、コンクリートに比べて補修がし易いメリットがあります。一方で施工に掛かる単価に対しては、狭い範囲であればコンクリートの方が安い傾向にありますが、道路のように一定距離を舗装するのであれば、アスファルトの方が単価が安くなります。一般にアスファルト舗装の単価は、1平方メートルあたり9000円前後ですが舗装する道路が長くなればなるほど単価が安くなります。